ながの銀嶺国体 in 白馬村

クロスカントリー Cross country

会 場/白馬クロスカントリー競技場

日 程/平成29年2月15日(水)~17日(金)

コースマップ Course map

競技日程 Competition schedule

見どころ Highlights

競技紹介

ジャンプ競技とともにノルディック種目と呼ばれ、北欧を中心に発達した競技です。陸上競技の長距離種目と同様に持久性が要求される種目ですが、スキーとストックを使い滑走することから、スキーテクニックや雪質に合わせたワックスの選択などの技術も大変重要となります。走法はクラシカル走法(片足踏み付け交互に繰り返し滑走する方法)とフリー走法(スケーティングを含めたあらゆるものの混合走法)とがありますが、国体の個人種目(成年男子A・成年男子B・少年男子は10km、成年男子C・女子は5km)はクラシカル走法で、リレー種目(成年男子・少年男子は10km×4名、女子は5km×4名)はフリー走法で行われます。

見どころ

個人種目はインターバルスタート(20秒間隔)で順次スタートするため、レースが終わるまで選手1人1人を応援することができます。リレー種目はマス・スタート(一斉スタート)で行われるため、その様子は迫力があります。また、各走者(1~4走)の選手同士の駆け引きにも注目 です。

コース紹介

白馬クロスカントリー競技場は1998年長野オリンピック・パラリンピックの会場となったコースです。個人種目の5kmコースはC1コースを使い、全体的にアップダウンのあるコースで特に4km過ぎの最高地点への登りが勝敗の分かれ目です。10kmコースは前半5kmでA1コース、後半5kmでC1コースを使用します。前半は急な長い登りと急な長い下りのメリハリのあるコースで、後半はアップダウンが連続する全体的にタフなコースとなっています。リレー種目ではC1コースの周回で競技が行われます。

白馬クロスカントリースキー場の概要

敷地面積38.6ha
コース概要延長13.4km
●Aコース4.8km
●Cコース7.8km
メイン会場周回コース
0.8km(400m×2周
多目的コース
最長2.2km
事業費約70億円
付帯施設管理棟・機械棟
屋外放送施設
屋外照明施設
国旗掲揚棟
工事実施期間H6.8〜H8.11
H26.6~H27.6
公認関係H7.11 SAJコース認証
H9.1 FISコース認証